読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペナンとKL 行ったり来たり

マレーシアのKLとペナンの2つの拠点で生活中。異なる場所の視点で見たマレーシアの色々を書いています。日本語で書いていますが、一般的な日本人の方にはあまり役立つ情報はないような気がします。

日本の将来について考えたこと

マレーシアに移住しようと思って日本から出てきて5年目になる訳ですが、移住のトリガーは東日本大震災だったのかもしれませんけど、もっと大きな問題が日本には沢山あるなと思っています。

本日は、まず子供の教育について。

我が家は3人の子供がいますけど、正直言って日本で3人をしっかり教育していくのは難しいと思っていました。(今でも思ってるけど)単純に学費の問題もありますが、それ以上に「日本で教育を受けさせて将来が描けるか?」っていう所が大きかった気がします。

 

まず、単純に日本は学費が高いですよね。親が学費を払えない場合の奨学金制度自体はありますけど、ほとんどの場合、これは有利子負債になりますよね。

日本の大学を出て日本企業に就職して生活が成り立つのか?って考えたら、それは彼らが大人になったときには本当に狭い門になっちゃうんじゃないかと思ったんですよ。

そんなの学費を支払う立場から見たら意味がわからんと思ったんですよ。

当たり前の話ですけど、日本にいたら日本の会社に就職するのが一般的ですよね?日本語を使って空気読みながら働く選択肢しかないわけですよね?

それ「自分がそうだったら絶対無理だわ」って思ったんですよ。いや、無理だからこそ僕はマレーシアに住んでるわけなので。

おそらく10年20年後の日本企業は今持っている力を失っているでしょう。身の回りの物を見たら分かると思うんですけど、リアルなメイド・イン・ジャパンの物って既に少なくないですか?日本製の携帯電話とかIT機器とかマレーシアではほとんど見かけませんよ。日本が円高になると困るのは製造業が多いからじゃなかったんでしたっけ?

終身雇用制度なんて既に崩壊してますよね?親として「子供達が日本でしか生きていけない大人になっちゃったら彼らの明るい未来がなくなっちゃうんじゃない?」って感じたわけです。

世界のどこでも生きていける日本人になって欲しい

これが僕が自分の子供達になって欲しい大人の姿です。

幸か不幸か、次女と長男はマレーシアの中華系ローカルスクールに通学しているので、英語、中国語(マンダリン)、マレー語は使えないと生活出来ません。ついでに日本人なので日本語も話せます。そんな次女と長男に触発されて、日本人学校に通学する長女もインターナショナルスクールに行きたいと言うようになりました。少なくとも英語は使いこなせるようになりたいみたいです。

それだけで彼らの将来の選択肢は物凄く広がると思うんです。

f:id:hageyoshi33:20160921012604j:plain

ヨーロッパの学費が安い大学を選んでもいいし、中国の大学に行ってもいいでしょう。行きたけりゃアメリカに行ってもいいわけですしね。

選択肢の多い社会ほど良い社会だと思うと某有名な作家さんも言ってますが、僕も全くその通りだと思います。

何もみんなで同じ服来て就活とかしなくても好きな国の好きな企業で働けばいいし、好きな国で起業してもいいわけですから。

僕は、そういう日本人が増えるといいなと思っています。

今、僕が働いている会社はアメリカの某グローバルIT企業です。色んな国の人が一緒に働いています。飛び交っている言語は10以上あるんじゃないかと思います。日本人はほとんどいないですけどマジ快適です。誰も空気なんか読まないし、全員が目指す方向はガッチリわかってるし、根性とかやる気とか誰も言わないしね。ついでに言うとプロジェクトの最高責任者はゲイなんだぜ!でも誰も彼がゲイだからって気にもしません。むしろゲイにしかない気の細やかさが今のプロジェクトに最適だと感じます。

おそらくこれから伸びていく会社って業種を問わずそういう会社です。

そういう新しい世界で幸せになって欲しいなと心からお父さんは願っているのですよ。

長くなりましたけど今日はこのへんで。ペナンの教育環境については、また改めて詳しく書きたいと思っています。

お付き合い頂きましてありがとうございました。